プロフィール

ヴィタリ・ユシュマノフ (バリトン)

サンクトペテルブルク生まれ。マリンスキー劇場の若い声楽家のためのアカデミーで学ぶ。ライプツィヒのメンデルスゾーン・バルトルディ音楽演劇大学を卒業。在学中に、ドイツのバート・ヘルスフェルト・オペラ音楽祭で「ドン・ジョヴァンニ」主役を演じ、ライプツィヒ・ゲヴァントハウスの「ニューイヤーコンサート」にも出演。

2013年の秋以来、度々来日し、「ブラームス/レクイエム」のソリストをはじめ、オペラ、ソロリサイタル、ジョイントリサイタル、オーケストラ共演など各地で演奏。

2015年春より日本に拠点を移し、デビューアルバム『歌の翼に』(フロレスタン)、イタリアものアルバム『Parole d’amore~愛の言葉』(オクタヴィア)に続き 『「ありがとう」を風にのせて〜日本名歌集~』(オクタヴィア)をリリース。(一財)地域創造の公共ホール音楽活性化事業のアーティスト(平成28年度、29年度)。

2015年「ドン・カルロ」ロドリーゴ侯爵役、2016年「ドン・ジョヴァンニ」主役でオペラ出演。

2017年びわ湖ホールオペラ「ラインの黄金」にドンナー役、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017」、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」、サントリー大ホールでの「第2回 オペラ歌手 紅白対抗歌合戦」に出演。

2018年東京・春・音楽祭、サントリーホールでのロシア文化フェスティバルのオープニング公演として、ミハイル・プレトニョフ指揮、ロシア・ナショナル管弦楽団の演奏会形式で、チャイコフスキーの歌劇「イオランタ」にエブン=ハキア役で出演。

2019年オペラ「ドン・ジョヴァンニ」(井上道義指揮、森山開次演出)の主役で全国4公演、「ららら♪クラシックコンサート」に出演、「第4回オペラ歌手紅白対抗歌合戦」(サントリーホール)BS テレ東「ワタシが日本に住む理由」などに出演。

20204新国立劇場のヘンデル作曲「ジュリオ・チェーザレ」のプロダクションにアキラ役で参加予定も新型コロナウイルスの影響でキャンセルに。8月に戸ノ下達也作「ヴィタリ~人生って不思議なものですね~」タイトルの本(ハンナ)出版。2020911にはオペラ「フィガロの結婚」(井上道義指揮、野田秀樹演出)のアルマヴィーヴァ伯爵役で全国4公演

20214月、新国立劇場のストラヴィンスキー、歌劇『夜鳴きうぐいす』に出演予定。

日本トスティ歌曲コンクール20151位及び特別賞、第14回東京音楽コンクール声楽部門第2位、第52回日伊声楽コンコルソ第1位及び最優秀歌曲賞受賞。

 

(2020年10月更新)